イエローブックナビ

情報更新日:2019年04月23日
求人広告件数 1020件
新着459件|正社員465

トップページ > 就職転職サポートTOP > 電話のかけ方

就職転職サポート-電話のかけ方

応募の電話の基本原則

応募の電話をかける行為は、企業やお店と初めて接点をもつことでもある。
この段階で既に面接が始まっていると考えること。電話の第一印象で判断されることもある。
静かな場所で落ち着いて電話をかけることが望ましい。

いつ頃電話をかければいいの?

忙しい時間に掛かる電話は迷惑。飲食店ならお昼の時間帯、会社なら始業・終業間際は避ける。
10~11時、13~16時が望ましい。

電話でどんな風に言ったらいい?

名前と何から情報を得たのかを伝え、担当者に代わってもらう。
(担当者でないと話が通じにくいことが多い)

例えば・・・
「わたくし、田中と申しますが、イエローブックを見て事務の募集に応募したくお電話いたしました。
詳しい話をお聞きしたいのですが、担当の方はお手すきでしょうか」

担当者にはどうやって話せばいい?

聞きたいことは電話をかける前にあらかじめ準備しておく。
面接の日程・場所なども間違いのないよう、きちんとメモを取る。
念のために復唱して確認してもいいだろう。

例えば・・・
「1日木曜日の13時半に中区小町の本社にお伺いします。よろしくお願いいたします。」

電話を切るときにも注意が必要?

用件が済んで、いきなり「ガチャンッ!」ではダメ。
最後に必ず、「お忙しいところ、ありがとうございました。それでは失礼いたします。」ときちんと挨拶をして、静かに電話を切る。

就職転職サポートTOPへ

ストック求人一覧